チーズとシックハウス症候群

チーズを製造するときにできる副産物のうち最も量の多いものは乳清です。チーズ1ポンド(約450グラム)に対してその6ないし9倍の量の乳清が生じます。

乳清の主要成分はラクトースすなわち乳糖でです。このラクトースを建築用の削片板<チップボード>を作る際の接着剤として活用する方法があります。

従来のホルムアルデヒドを使用すると,有毒ガスが発生して気密性の高い近代的な建物内の空気中にたまるため,現在は使用されていません。

研究者たちは,ラクトース削片板<チップボード>なら害はないと言っています。ラクトースはポリウレタン絶縁ホームを作るのに用いられることもあります。その利点は,絶縁物質に耐火性を持たせるのに,サッカロースで作られた従来のものよりも安くつくということです。

チーズは健康な建材にも役立っているのですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: シックハウス症候群シックハウス症候群(しっくはうす しょうこうぐん)は、建築用語・または症候の一つ。新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛みなどと言った呼吸器疾患などの症状を伴う..
Weblog: 『建築』information
Tracked: 2007-10-09 11:41

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。