ラクレットがこうして誕生した

それは1875年ごろのことだったと言われています。スイスのシエールという町の近くのぶどう園で,ある日何人かの男性が働いていました。とても寒い日でした。昼食に,たき火を囲んでパンとチーズを食べ,ワインを飲みました。そのうちの一人が,何か温かいものをむしょうに食べたくなりました。それでその人は,一切れのチーズを残り火にかざして表面を溶かし,溶けたチーズをこすり取ってパンにつけました。こうしてラクレットが誕生したのです。


ラクレットの誕生についてはほかにも逸話が残っています。その起源はあまり定かではありません。それでもラクレットは,特にスイスのバレー州の山岳地域では,まさにおなじみの料理となっています。ラクレーというフランス語には「こすり取る」という意味があり,この言葉は溶けたチーズを使った珍しい調理方法をよく表わしています。しかし,もっと珍しいのはラクレットチーズの製法です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。